リースで導入する利点

リースによってコピー機を導入する場合、そのメリットでもっとも重要なのは初期費用が無料で良いという点です。起業をする場合、やはり資金には限りがありますからなるべく省ける部分の出費は省いた方が良いですから、初期費用が無料でコピー機が導入できるというのは大きなメリットになります。リースするための手続きなども簡略化されているため、気軽に申し込みやすいというのもメリットになるでしょう。起業時にはさまざまな手続きが必要となりますから、そういった手間を省いて気軽に申し込んでコピー機を導入できるというのは魅力的です。

ランニングコストもうひとつのメリットとしては、リースの場合毎月賃貸料金を支払う事になりますがその料金は経費として計算する事ができるので、面倒な事務処理が少なくなるというものが挙げられます。毎月の月額料金は固定ですから、1年でどのくらいの出費があるのかを計算しやすいというのも面倒な手間を省くために役立ってくれるでしょう。ランニングコストの把握は会社運営の中でとても重要ですから、ランニングコストが把握しやすく面倒な手間も省きやすいのはリースのメリットになります。

ただ、一方でデメリットとして中途解約ができない、コピー機はあくまで借りているので所有権が無い、途中で購入せずにずっとリースしている場合、最終的には購入した場合よりも出費が多くなってしまうといったものもあります。特にリースをし続けるという場合はランニングコストが常にかかる事になるので注意しなくてはいけません。続いては、購入について説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket