購入して導入する利点

コピー機を購入してから導入する場合、まず最初に挙げられるメリットは数年先まで使う場合、リースで同じだけの期間コピー機を導入する場合に比べて費用がかからないという点です。リースの場合導入した後は毎月決まった額の料金を支払い続ける事になり、長期間使う場合は購入した方が費用そのものは安くなります。ただ導入する際に初期費用が必要となりますから、資金繰りに余裕がない場合は購入してコピー機を導入しようとすると、どうしても銀行からの融資などを考えなくてはいけないので余計な手間や出費が増えてしまう事になるという点はデメリットとなるでしょう。

所有権もう一つのメリットとして挙げられるのが、コピー機を購入するため所有権を持てるという点です。もしコピー機を利用していて他のコピー機を購入するという場合、所有権が無いリースでは勝手に買い替えたり転売してしまうとトラブルになってしまいます。ですが購入してしまえば所有権を持てますから、その後コピー機をどのように扱うかは所有者の意思次第になるのでトラブルを回避する事ができます。

コピー機を購入する場合、所有権を得られるという点と、長期間利用する場合は最終的なコストが安くなるという点がメリットとして挙げられます。企業で使う場合、コピー機は基本的に数年先まで使い続ける事になりますから、もし資金繰りに余裕があるのであればリースよりも購入してしまった方が最終的な出費は少なくなるでしょう。ただ、初期費用が必要となりますし、コピー機の性能によっては大きな出費となるのでそこは注意しておかなくてはいけません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket